コンサルティングなどのお問い合わせは随時受け付けております

WEBカラー カラー戦略 配色・カラーコーディネート

【ホームページ制作のヒント】整理収納アドバイザー・ライフオーガナイザー・お片付け専門のHPカラー

2021年12月31日

断捨離やときめくお片付けのブームにより、お片付けを専門にする個人事業者が爆発的に増加しました。

今や日本全国津々浦々に、「整理収納アドバイザー」や「ライフオーガナイザー」などの資格を持った専門家がいらっしゃいます。

 

大勢いる同業者の中から選ばれるには、ネット検索で見つけてもらえるのが大前提。

ホームページを持つことが必須です。

 

今回は、お片付け系ホームページの配色のヒントをご紹介していきます。

自分のホームページを持ちたいと考えているお片付けの人、WEBデザインをする人が、ホームページを作る際の色選びにお役立ていただけたらと思います。

 

全国の整理収納アドバイザー・ライフオーガナイザーのホームページ使用色ランキング

47都道府県の整理収納アドバイザーやライフオーガナイザーのホームページを無作為にピックアップし色を集計しました。

協会サイトは省き、個人活動している方のホームページが対象です。

 

<HP使用色ランキング>

全国124件中

1位  グレー 

2位  白 

3位  水色 

4位  ベージュ 

4位  緑 

4位  ピンク 

 

グレーと白が断トツです。

ここに挙げた4位までの6色で、80%のシェアを占めていました。

 

グレーや白が選ばれる2つの理由

グレーや白が選ばれる理由は2つあります。

 

1つは「色彩心理」の観点から。

 

お片付けの目的は、空間が「すっきり」「きれい」「清潔」になることです。

余計な物は減らし、シンプル・イズ・ベストを目指す。

それをホームページで表現しなければなりません。

 

シンプル、すっきり、きれいを端的に色で表せるのが、グレーと白なのです。

 

白、黒、グレーは色彩用語で「無彩色」と呼ばれ、赤、黄色、青のような色みを持ちません。

色みがない分、すっきりとした印象を無彩色から感じ取ります。

色のイメージ(色彩心理)を利用して配色を考えるのは、非常に理にかなっているのです。

 

 

そしてもう1つの理由は、あるブランドイメージが影響しています。

 

グレー・白・ベージュの空間といえば?

何か思い浮かびませんか?

 

「無印良品」のお店がまさにこの3色。

ステンレスやスチールのシルバーグレー

プラスチックケースの白

家具類の木材のベージュ

無駄がなく簡潔で、品質の良さを追求した無印良品のシンプルカラー。

収納グッズの購入先として頻繁に利用されることもあり、お片付け関連の定番カラーと言ってもいいでしょう。

 

お片付け=収納=白・グレー・ベージュ

というイメージの定着はあなどれません。

イメージを無視した色選びをすると、時には不快感を招きます。

ホームページの色選定で奇をてらい過ぎないように注意しましょう。

 

お片付け系ホームページのおすすめカラーとタブーカラー

おすすめカラー

グレー・白・ベージュを定番として挙げましたが、それ以外の色がNGなのではありません。

定番以外の色を選んでも失敗がないように、トーンや色相環を使っておすすめカラーをご説明していきます。

 

トーンとは、似たような明るさと鮮やかさの色をグルーピングしたもの。

下図の赤丸で囲ったゾーンがおすすめのトーンになります。

(アルファベットの記号が、それぞれのトーンの名称を表しています)

このトーン図の上部の方は明るい色のグループです。

lt(ライト)トーンは、明るく澄んだ色のグループ。

sf(ソフト)とltg(ライトグレイッシュ)トーンは、明るめの色に少しグレーが混じったトーンです。

 

清潔でクリアな印象を出したければ、ltトーンがおすすめ。

sfやltgトーンは、グレーと組み合わせると非常に馴染みがよく、優しく穏やかなイメージを作ることができます。

「お客様と二人三脚で作業を進めますよ」という寄り添いのイメージを出せるのが、これらのトーンの特徴です。

 

 

次に、色相環で色をみていきます。

(色相環とは、虹色のグラデーションを円で輪っかにしたもの)

sfトーンを例にとって表すと、以下の通りです。

くすみのあるピンク・穏やかなオレンジ・黄色・緑・青緑・青がおすすめカラー。

色(色相)のバリエーションが豊富ですよね。

実はどんな色でもOK。

トーン選びさえ失敗しなければ、選べる色の選択肢は幅広くあるのです。

 

タブーカラー

お客様のプライベートに踏み込み、自宅へ上がって作業をする仕事ですので、押しが強そうなインパクトのある色は避けた方が良いでしょう。

(トーン図でいうと、右の方にあるトーン)

インパクトのある色は、怖そう、きつそうといったイメージを与えてしまいます。

 

また、暗い印象を与える重く暗い色もあまりおすすめしません。

(トーン図でいうと、下の方のトーン)

暗い色は人と距離を置く色で、打ち解けにくい印象を与えます。

 

まとめ

片付いた状態=清潔ですっきりのイメージを表現できる、白やグレー

インテリアのイメージから木材を連想させるベージュ

これらがお片付け系ホームページの王道カラーです。

トーンでいうと、グレーに通じる穏やかな色か、白に通じるクリアな色が適しています。

 

どんな色を選ぶかの決め手は、アピールポイトをはっきりさせることです。

シンプルを追求するのか?親しみやすさを表現するのか?的確なアドバイスをウリにするのか?

打ち出したい内容に合わせた色選びを行ってくださいね。

 

弊社では差別化ポイントと顧客ターゲットに合わせた色選定を行っています。

ホームページカラープランニングとして承っておりますので、色選びに迷われましたらどうぞ一度ご相談ください。

 

<関連記事>

整理収納アドバイザー・ライフオーガナイザー・お片付け専門のHPカラー配色例

エステ・サロン系ホームページにおすすめの色

接骨・整骨、鍼灸・あんまマッサージ、整体院のホームページにおすすめの色

パーソナルトレーニングジム・フィットネスのホームページにおすすめの色

-WEBカラー, カラー戦略, 配色・カラーコーディネート

© 2022 カラー戦略アドバイザー 青柳彩子