コンサルティングなどのお問い合わせは随時受け付けております

 

カラー戦略アドバイザー
MISS UNIVERSE JAPAN 奈良 ビューティー講師
青柳彩子(あおやぎあやこ)です。

 

 

19歳の時、大学の資格講座で色彩検定に出会い、色彩世界の奥深さにどっぷりとはまりました。

カラーはファッションやインテリア、デザインの分野だけにとどまらず、歴史、文化、科学、生理学など本当に幅広い分野と関りがあります。

カラーを通して知らない世界を次々と学ぶおもしろさに魅了され、大学1回生で色彩検定2・3級、2回生で1級を取得、3・4回生でもカラーコーディネーターの資格を取り続けました。

この時、恩師のお人柄や指導法に憧れと尊敬を持ち、自分も恩師のように「カラーのおもしろさを伝える仕事がしたい」と強く思うようになりました。

しかし思うようにはいかず、大学卒業後は教育機関の広報職に就職。媒体紙作成などで色の知識を活かすも、物足りなさを感じます。

カラーの専門家になる夢を諦めきれず、仕事のかたわら、色彩検定1級取得者のみが通える「講師養成講座」を受講し、合格率10%未満の「色彩検定協会認定講師」にチャレンジするも、2回撃沈。

2008年25歳の時、夫の転勤で生まれ育った京都から岩手へ引っ越ししました。

新しい土地では「カラーの仕事をしよう」と一大決心、縁あって岩手の専門学校で色彩検定を教える仕事に就けたのです。

 

これが私のカラーの仕事のスタートです。

その後、妊娠、出産。そして再び京都へ帰ってきました。

生まれ故郷の京都に戻ったとはいえ、カラーの仕事の基盤はゼロ。

生後6ヶ月のこどもがいましたが、カラーの繋がりを求めて大阪にあるカラービジネス会社、株式会社色彩舎に所属し、提携カラーアナリストとして活動を始めることができました。

ここで現在の仕事のベースとなっている「カラータイプ®」に出会います。

カラータイプ®は色彩心理をもとにした性格診断とコミュニケーションのツールです。

色と性格との関係性を知り、新しいコミュニケーション法に衝撃を受けました。

カラーはこんなに人の心と繋がっているのかと。

 

2012年には、一般社団法人カラータイプ協会の運営の仕事に関わるようになり、カラータイプ®を使った適職セミナーやブランディング研修など企業研修の経験を積ませていただきました。

2回撃沈した色彩講師認定試験にも3度目のチャレンジをし、遂に合格。

6年越しのリベンジで「色彩検定協会認定講師」となれました。

2014年、2人目の出産を機に、色彩舎とカラータイプの仕事に区切りをつけ、そのタイミングでパーソナルカラーの仕事を強化しました。

2017年、「ミス・ユニバース・奈良2018」ビューティー講師として活動。

その傍らで、色彩検定の指導も継続的に行い、担当している専門学校が高い合格率を出して「文部科学大臣賞」を、2017·20182年連続で受賞しました。(上位3団体だけが受賞できる賞です)

2018年、3人目を出産。一旦仕事はセーブするも、2019年は京都府京田辺市の市長選に出馬される方の、カラーアドバイザーを担当し当選の一役を担いました。

2020年4月には一般社団法人カラータイプ協会の理事に就任し、インストラクターの統括とカラータイプ®の普及活動にも従事しています。

結婚、妊娠、出産、夫の仕事など様々な要因から仕事の形態は変化の連続でした。それでもカラーの仕事を続けたいと強く思ってこれたのは、何よりもカラーが好きだからです。

カラーが日常に大きく根ざして私たちに影響を及ぼしていることをもっと多くの人に知ってほしい。

カラーが当たり前のように、ビジネスでもプライベートでも活かされる社会であってほしいと願い活動を続けています。

 

お問い合わせは随時受け付けております

お問い合わせはこちらから

© 2021 カラー戦略アドバイザー 青柳彩子