コンサルティングなどのお問い合わせは随時受け付けております

赤であれば、メラメラとした熱い想いが
体内ではアドレナリンが分泌され、脈拍が速くなり呼吸数や発汗の量が増えます。

人と色との関わりを、「色彩心理」や「色彩生理」と呼びます。

私たちは知らず知らずのうちに、色が発するメッセージを脳や心や体で感じ取っています。

 

色の効果を利用したビジネスカラーマーケティング

色彩心理や色彩生理をビジネスに活用したのが「カラーマーケティング」です。

色でメッセージを伝えるカラーマーケティング手法は、特殊な戦略ではありません。

カラーマーケティングという言葉は聞きなれないかもしれませんが、大手企業では色を考慮したマーケティング戦略を何十年も前から行っていますし、色でブランディングを確立しているところもあります。

赤の銀行、青の銀行、緑の銀行といえばあの銀行と思い出せるように。

ものが売れにくくなった昨今、消費者の嗜好はますます多様化し細分化されています。

溢れるほどの情報とものがある時代に、どのように消費者へサービスを届けていくのか。

売り手である私たち事業者の目下の課題です。

さまざまなマーケティングをやり尽くし、ようやくカラーマーケティングを考える企業・経営者が増えてきました。

色はどんなものにもついていて、多様なニーズに対応できます。

カラーマーケティングは大企業だけの戦略ではなく、ニッチな市場を狙う中小企業や個人事業こそ、ビジネス戦略のひとつに取り入れてもらいたいのです。

 

一瞬でメッセージを届ける色

色の役割を一言でいうと、「御社のメッセージをお客様に届けること」

色ひとつひとつに意味があり、色が言葉となって企業イメージやサービス内容を発信します。

また、伝えたいメッセージを色に変換することで、必要とする人に届きやすくなります。

商品のカラープランニング(色彩設計)を例に挙げると、色を施すことで商品の装飾的機能・美的価値を高めると共に、商品にストーリー性を付加することができます。

消費者はストーリーに心を動かされ、購買意欲を増し、商品に愛着を感じます。

たくさんの言葉を尽くさなくても、一瞬でメッセージを届ける色。

色が直接消費者の感情に訴えかけ、臨む行動へと導いていくのです。

 

色によるブランド化

企業でも個人でも、自社の強み・ポジションを明確化する「ブランディング」が必要です。

色を使ったブランディングは、「強み」を発信する際にも役立ちます。

強みが言語化され、適切な色に変換されていれば、ブランディングイメージが定着しやすくなります。

色の認知が企業(個人の)認知になり、ブランド価値がつけば、もう言うことはありません。

他の追随を許さないオンリーワンブランドの確立です。

会社の顔となるコーポレートサイト、ホームページの色やロゴカラー、チラシや広告の色、商品やパッケージの色など。

ブランディングを左右する色は至る所にあります。

ビジネスに関わる色を今一度改めて見直してみませんか。

 

お問い合わせはこちらから

 

ご提供中のメニュー

メニュー一覧

カラー戦略アドバイザー・青柳彩子が提供するメニュー一覧になります。
経営者・起業家・政治家・リーダーの方を対象に、目的に応じて選べるようになっております。

詳しくはこちら

ビジネスカラーマーケティング

コンセプトとターゲットに合わせたホームページカラー設計、サロン空間のブランディングカラーコーディネートなど、3つのメニューをご用意しております。
.

詳しくはこちら

ビジネスファッションカラーブランディング

イメージ戦略のためのパーソナルカラー診断を提供します。
ビジネスシーンで活用できるベストベーシックカラー選定などをご提案します。

詳しくはこちら

【継続コース】カラーブランディング

継続コース、ブレないイメージを発信しビジネスを加速させるカラーブランディングコースです。プレミアム、トータル、ベーシックと、3つのコースをご用意しております。

詳しくはこちら

企業向けセミナー・研修

女性顧客様に向けた、パーソナルカラーやメイクイベント、営業・接客時のコミュニケーションのコツが分かる色彩心理セミナーを承っております。

詳しくはこちら

 

お問い合わせは随時受け付けております

お問い合わせはこちらから

 

© 2022 カラー戦略アドバイザー 青柳彩子