コンサルティングなどのお問い合わせは随時受け付けております

パーソナルカラー診断 ブログ

白は誰でも似合うと思ったら大間違い パーソナルカラー別白の選び方

洋服のコーディネートに迷ったらとりあえず白。

白を着ておけばコーディネートの失敗は少ないと思っていないでしょうか。

どんな色とでも組み合わせがしやすい白は、配色で大失敗なんてことはそうありません。

しかしその白コーデが似合っているかというと…また別の話です。

パーソナルカラーによって似合う白は異なります。

白にはどんな種類があるのか、パーソナルカラー別にみていきましょう。

 

白が似合わないとどう見える?

白が似合うと爽やかで清潔感のある印象を与えますが、似合わないとどう見えるでしょうか。

見た目の肌の色の変化でいうと、白は顔の血色を引く色なので、顔が青白く不健康に見えてしまいます。

また、表情がぼんやりして見えたり、顔の輪郭がはっきりせず、顔が大きく見えることもあります。

レフ板効果といって白を着ると肌を明るく見せる場合がありますが、人によっては白い服と肌の色が対比して、肌の黒さが際立つ場合もあります。

見た目の印象の変化でというと、目つきが鋭く、表情がきつく見えることも。

白はもともと人に緊張感を与える色なので、似合わない白を着てしまうと、余計にピリッと厳しい人のように見えてしまうのです。

 

パーソナルカラースプリング(春)が似合う白

パーソナルカラーではイエローベースに分類されるスプリングタイプ。

一般的な白ではなく、やや黄みがかった白が似合うタイプです。

スプリングの白は、アイボリー(生成り色)やバニラといった名前で呼ばれています。

白というより黄色と思う人もいるかもしれませんが…

真っ白を着ると、上記に挙げたようなネガティブな印象を与えてしまう可能性大。

アイボリーを着ることで健康的で親しみやい印象が増すでしょう。

 

パーソナルカラーオータム(秋)が似合う白

パーソナルカラーではスプリングと同じくイエローベースに分類されるオータムタイプ。

オータムもやや黄みがかった白が似合います。

色名でいうと、オイスターホワイト(牡蠣の白)やシャンパン・白ワインのホワイトです。

真っ白を着ると顔色が悪くなりやすく、オイスターホワイトを着ることで上質な雰囲気や大人びた落ち着きを感じさせます。

 

パーソナルカラーサマー(夏)が似合う白

パーソナルカラーではブルーベースに分類されるサマータイプ。

イエローベースのような色みの偏りはなく、真っ白のような張り詰めた白でもなく、ソフトな印象の白が似合います。

色名でいうとオフホワイトです。

柔らかい色みであれば、ほんのりピンクがかった白やほんのりブルーっぽい白も似合います。

サマータイプがアイボリーのような黄みがかった白を着ると、肌と同化して見えたり、肌のくすみが強く出る場合があります。

 

パーソナルカラーウィンター(冬)が似合う白

パーソナルカラーではサマーと同じくブルーベースに分類されるウィンタータイプ。

いわゆる真っ白が似合うタイプです。

色名でいうと、純白・ピュアホワイト・スノーホワイトなど。

真っ白が似合うと気高く凛とした雰囲気や、きりっとした印象になります。

ウィンタータイプがアイボリーのような黄みがかった白を着ると、肌の色が冴えず野暮ったく見えてしまいます。

 

イエローベースで真っ白が着たいなら

たとえ似合う色がイエローベースであっても、真っ白を着たいときだってありますよね。

イエローベースだからといって真っ白NGではありません。

着用するときにブルーベースの人よりも少し配慮が必要なだけです。

イエローベースの人が真っ白を着るときに注意したいのが血色。

血色を補うために、真っ白以外は自分のパーソナルカラーの色を組み合わせるといいでしょう。

とくに顔周りの色の影響が大きいので、ネックレスやスカーフ、ネクタイなどの小物にパーソナルカラーを取り入れることをお勧めします。

メイク(チークや口紅)で血色を足すのもひとつの手です。

真っ白で表情が鋭く見えてしまうなら、いつも以上に笑顔を意識するなど、立ち居振る舞いにも気を配ってみてください。

 

まとめ イエベの白・ブルべの白

最後に4シーズンの白を見比べてみましょう。

4シーズンの違いがはっきり分からなければ、黄みがかった白か普通の白かの違いでまず判断してみてください。

ここでは一般論として4シーズン別の色をご紹介しましたが、個々人によって似合う似合わないの尺度は変わってきます。

透明感のある色がよく似合うスプリングタイプや、濁色があまり似合わないオータムタイプなら、ブルーベースの白が似合う人もいますし、その逆もしかりです。

パーソナルカラーを指標のひとつとして知っておくのはいいことですが、似合う色だけに縛られないようにしてくださいね。

 

<関連記事>

今さら聞けないパーソナルカラー診断とは

パーソナルカラーの基本イエローベース・ブルーベースとは?

 

カラーは似合う・似合わないだけではありません。ビジネスに活用できるカラーの情報をお届けしています

画像をクリックすると登録画面に飛びます

-パーソナルカラー診断, ブログ

© 2022 カラー戦略アドバイザー 青柳彩子