コンサルティングなどのお問い合わせは随時受け付けております

ブログ 配色・カラーコーディネート

ブラウンスーツをおしゃれに着こなす色の選び方

スーツの定番カラーであるグレーやネイビーとは違うカラーが欲しい人、おしゃれなスーツスタイルを楽しみたい人におすすめなのがブラウンスーツ。

しかしグレーやネイビースーツに慣れていると、ブラウンスーツはコーディネートが難しく感じるかもしれません。

ブラウンスーツがピシッときまるカラーコーディネート方法をご紹介していきましょう。

 

ブラウンスーツの魅力

ブラウンスーツの魅力は、ネイビーやグレーにはない温もりと安心感、自然体で深みと落ち着きを表現できるところです。

シックで渋い印象にもなり、年齢を重ねた大人だからこそかっこよく着こなせます。

誰もが持っている色ではないので、ブラウンを取り入れたスタイルはそれだけで個性が光り、洗練された雰囲気になるのです。

ダークブラウン(濃い茶色)は重厚感を感じさせ、ダークグレーやネイビーに近い感覚で取り入れられるので、ビジネスシーンで一番使えます。

明るすぎず暗すぎないブラウンもきちんとした印象の色なのでビジネスで使えるのはもちろんのこと、ブラウンジャケットはきれいめカジュアルな装いもできます。

ライトなブラウン(ベージュに近い色やキャメルなど)は、よりカジュアル感が増しますが、ビジネススーツとしても重たい印象になりすぎず、若い年代の方でも取り入れやすいでしょう。(もちろん年配の方が着こなしても問題ありません)

 

ブラウンスーツとシャツ・ネクタイとの色合わせ3つのポイントとカラーコーディネート例

ファッションのカラーコーディネートを上手に見せるコツは、色彩理論に沿って考えると失敗がありません。

[ポイント1]同系色コーデ

一番簡単で色選びに頭を使わなくていい組み合わせは、茶色同士の同系色コーディネートです。

●ベージュシャツ+ブラウンのネクタイ

●白シャツ+オレンジのネクタイ(※茶色はオレンジと仲間の色です)

などが考えられます。

同系色はオーソドックスな配色なので、コーディネートに個性はあまり感じられません。

失敗はないけれど誰でもできる無難コーデにもなり得ます。

[ポイント2]類似色コーデ

同系色より少し色みの変化を出せるコーディネートが類似色の配色です。

色をグラデーションで円環に並べた色相環で考えると、茶色はオレンジの仲間ですので、オレンジの近くにある色を選ぶといいでしょう。

シャツとネクタイの組み合わせでいうと

●イエローシャツ+グリーンのネクタイ

●ベージュのシャツ+赤のネクタイ

●白シャツ+ピンクのネクタイ

などが考えられます。

シャツの色をどんな色みにするかで合わせるネクタイの色も変わってきます。

シャツとネクタイ両方の色を考えるのが難しいようでしたら、シンプルに白シャツかうっすら茶系のシャツに類似色のネクタイを合わせるだけでもコーディネートに変化が出せますよ。

[ポイント3]反対色コーデ

配色で一番変化を出せるのが反対色のコーディネートです。

色相環上では真反対の色を選ぶので一見難しい組み合わせに見えますが、ファッションで茶色とブルーの配色はおしゃれな組み合わせとして定着しています。

難しいことを考えず、「茶色のスーツやジャケットにはブルーを合わせる」と覚えておくといいかもしれません。

シャツとネクタイの組み合わせでいうと

●ブルーシャツ+ロイヤルブルー(鮮やかな青)、ネイビーのネクタイ

●白シャツ+ターコイズブルーのネクタイ
などが考えられます。

こうしてサンプルカラーを見てみると、配色の違和感はないのではないでしょうか。

まとめ

一見コーディネートが難しそうなブラウンスーツですが、最低3パターンを知っておけば毎回同じ色のコーディネートに見えることなく、組み合わせに幅が出ます。

[ポイント1]同系色コーデ(ダークブラウンやベージュを合わせる)

[ポイント2]類似色コーデ(黄色や赤系を合わせる)

[ポイント3]反対色コーデ(青系を合わせる)

 

カラーシャツを合わせるのが難しければ、白シャツからトライして、ネクタイの色を3パターンで揃えてみましょう。

ブラウンを上手に活用して、垢ぬけた大人のスーツスタイルをお楽しみくださいね。

 

<関連記事>

茶色が似合うのはイエベだけ?ブルベが似合う茶色を解説

 

-ブログ, 配色・カラーコーディネート

© 2022 カラー戦略アドバイザー 青柳彩子