コンサルティングなどのお問い合わせは随時受け付けております

パーソナルカラー診断 ブログ

数あるスーツから最高の1着を見つける!パーソナルカラー別グレースーツの選び方

スーツを着る職業の方なら1着は持っているはずのグレースーツ。

ビジネスでグレーを着用していればまず間違いはありませんが、失敗はないからという理由だけで無難な選び方をしていないでしょうか。

一口にグレーといってもたくさんの色があり、色選びを一歩間違うと、見た目がとても暗い印象になることがあります。

陰気にならないグレーの選び方を、パーソナルカラー理論に沿ってご紹介していきます。

※メンズでもレディースでも色の選び方は同じです

 

スーツで大人の落ち着きを演出したいならグレー

グレースーツがビジネスに向いている理由は、グレーが持つ色の印象にあります。

グレーは、シックで上品、落ち着きを醸し出す色。

真っ白や真っ黒とは異なり、グレーは曖昧さを持つ色ですが、その分ソフトで優しい印象を人に与えます。

似合うグレーを着ることで、都会的でスタイリッシュな雰囲気にもなり、無難な色を着ている風にはなりません。

大人の落ち着きと余裕を感じさせるグレースーツ。1着は持っておきたいところです。

 

似合うグレーを見極めるコツ

一般的に、パーソナルカラーでグレーが似合うのは「ブルーベース」といわれています。

イエローベース・ブルーベースについての説明はこちらの記事をご参照ください

イエローベースのスプリングやオータムタイプにも似合うグレーはありますが、洋服であれスーツであれ、似合うグレーを見つけるのは少々難しいかもしれません。

 

まずは、ブルーベースとイエローベースのグレーの違いを見比べてみましょう。

誰もがイメージしやすいグレーは、基本的にはブルーベースのグレーです。

明るいライトグレー〜ミディアムグレー〜黒に近いダークグレー(チャコールグレー)など。

ほんのり青みを感じるグレーも、ブルーベースのグレーになります。

それに対してイエローベースのグレーは、全体的に黄みがかった感じのグレーになります。

黄色っぽさや緑っぽさを感じるグレー、ベージュに近いグレー
などがイエローベースに合うグレーです。

ブルーベースのグレーはゾウの色、イエローベースのグレーはネズミの色
と説明したりもします。

 

パーソナルカラースプリング(春)のグレー

イエローベースのグループであるスプリングタイプ。

ライトグレーがほんのり黄みがかった色みのグレーがお似合いになります。

グレーは白と黒を混ぜた「濁色」といわれる色で、濁色があまり得意ではないスプリングタイプは、すっきりとした印象のグレーを選んでみましょう。

スーツで黄みがかったグレーが見つけられなければ、サマーやウィンターの明るいグレーを試してみてください。

また、色みは違っても、光沢感やハリのある生地の質感で似合うこともあります。

パーソナルカラーオータム(秋)のグレー

イエローベースのグループであるオータムタイプ。

スプリングのグレーよりもトーンを落とした濃い色みのグレーになります。

茶色のようなベージュのような感じのするグレーや緑みのグレーは、深く複雑な色合いです。

スーツではグレーの生地で探すよりも、茶色や緑系の生地で探すと、似合う色みがあったりします。

これをグレーと見なすかというところですが、もし似合うなら、他の人には真似できない色みで個性を出すのもいいのではないでしょうか。

パーソナルカラーサマー(夏)のグレー

ブルーベースのグループであるサマータィプ。

グレーは得意分野です。

明るめのグレーから中程度の明るさのミディアムグレーまで、似合うグレーはたくさんあります。

洋服でもスーツでも選択肢が多いので、より良い一着を探してみてください。

注意点は、全身が暗めのグレーで覆われると、見た目がとても重い印象になることです。

ある程度軽やかさと爽やかさを感じるトーンを選ぶといいでしょう。

優しい風合いや柔らかさを感じるような生地が、サマーは比較的似合いやすいです。

パーソナルカラーウィンター(冬)のグレー

ブルーベースのグループであるウィンタータィプ。

サマーと同じくグレーは得意カラーです。

ウィンターが似合うのは、シルバーのような非常に明るいグレーから、中程度のグレー、ダークグレーまで明暗様々なグレーがあります。

かといって、ウィンターだからどのグレーを選んでもOKとはいきません。

明るいグレーが似合う人はダークグレーがあまり似合わないなど、グレーの明るさによって似合う似合わないが変わってきます。

スーツ選びでは、どの明るさが得意なのか見極めることも大切です。

似合う一着でスマートなビジネススタイルを

最後に4シーズンのグレーを並べて比較してみましょう。

グレーを選ぶ基準として、スプリングやサマータイプは明るめのグレーを、オータムやウィンタータイプの人は暗めのグレーを探すといいでしょう。

似合わないグレーを着るとグレーの良い印象を感じさせず、下手をすると野暮ったく見えてしまいます。

ぜひ似合う色を見つけて、グレーのスマートな雰囲気をビジネスにも反映させてくださいね。

 

スーツ生地提供:オーダースーツ専門店aiiro様
(一部色みの加工をした生地がございます)

 

弊社ではパーソナルカラー診断を受けられたお客様に、オーダースーツの同行ショッピングも承っております。

ビジネスファッションカラーブランディング

-パーソナルカラー診断, ブログ

© 2022 カラー戦略アドバイザー 青柳彩子