コンサルティングなどのお問い合わせは随時受け付けております

パーソナルカラー診断 ブログ

ブルべでベージュが似合わない!ベージュが着たいならこれを選ぼう

パーソナルカラーでは、ブルーベース(通称ブルべ)の人はベージュが似合わないと言われることがあります。

確かにファッションでよく見るベージュは、いわゆる黄みの強いイエローベースが似合うベージュです。

だからといって、ブルーベースの人はベージュが着られないなんてことはありません。

ブルーベースに似合うベージュを解説していきましょう。

 

ベージュとはそもそもどんな色?

私たちが「ベージュ」と呼んでいる一般的なベージュは、どんな色なのでしょうか。

ベージュは茶色の仲間です。

そして茶色はというとオレンジを暗くした色。

大きな括りでいうと、ベージュはオレンジの仲間なのです。

オレンジに黒を混ぜれば「茶色」が、ライトグレー(白と黒)を混ぜればと「ベージュ」ができます。

オレンジ自体は赤と黄色を混ぜた色。

青が入っていないため、パーソナルカラーではオレンジはイエローベースの色として分類されています。

そのため、オレンジの仲間であるベージュも一般的にはイエローベーが似合うとされています。

 

イエベが似合うベージュ・ブルべが似合うベージュとは

色相環という色を輪っかに並べた図を使って、イエローベースとブルーベースのベージュを見比べてみましょう。

イエローベースのベージュは、オレンジ~黄みのオレンジ~黄にライトグレーを混ぜた色になります。

黄みが強い色ということが分かりますね。

対して、ブルーベースのベージュは、赤~ややオレンジみの赤にライトグレーを混ぜた色になります。

実際の色は赤というよりピンクをイメージしていただくと分かりやすいでしょう。

他にもブルーベースが似合うベージュはあって、ひとつは限りなくグレーに近いベージュです。

ベージュにグレーを混ぜた色を指すのですが、「グレージュ」という色名でファッション界隈で浸透しはじめています。

人によってはベージュではなくグレーで認識しているかもしれません。

もうひとつは、限りなく白に近いベージュです。

ベージュ特有の濁った色みではなく、透明感のあるクリアなベージュ。

白とは言えない、ベージュのようなグレーのような色みがほんのり混じった色です。

クリアなベージュはさほど出回っていませんし、品名では「ベージュ」ではなく他の色名で売っている可能性が高いです。

色見本は次の項目でご紹介していきましょう。

 

イエベのベージュとブルベのベージュ色見本

イエローベースのベージュは、オレンジ(茶)系や黄み系のベージュです。

うすだいだいのような濁り感のない色から、キャラメル・辛子色・黄土色のような深い色みまであります。

ブルーベースの色のベージュはイエローベースと比べると、ベージュに見えにくいかもしれません。

うすいパステルのピンクとも、うすい茶色とも、グレーともいえる、一言では表しにくい複雑な色みです。

色名ではピンク(ローズ)ベージュや砂色と呼ぶことがあります。

 

内面とも関係する似合う色

パーソナルカラーがブルーベースでも、イエローベースのベージュが好きな人はいるでしょう。

ベージュを好む人は、優しく穏やかで、実直、人と争うようなことはしません。

また、大げさに飾り立てることなく、シンプルやナチュラルが好きな人はベージュを好む傾向にもあります。

そういったタイプの人は、たとえブルーベースであってもベージュが違和感なくマッチします。

内面と外見の雰囲気が一致していると、パーソナルカラーの範疇を越えて似合う場合があるのです。

「自分らしさ」が出せる色は、何もパーソナルカラーに限ったことではありません。

 

まとめ

私たちがベージュと認識している色は、たいていオレンジが元になっているイエローベースのベージュです。

ブルーベースはピンクベージュやグレージュに代表されるように、ベージュに何か別の色が混ざっていて、ベージュ特有の黄み感がない色になります。

洋服でブルーベースにピッタリのベージュを探すのは難しいかもしれませんが、「ベージュ」の色名だけで判断せず、広い視点で探してみましょう。

商品の色名は「グレー」やになっていても、グレージュとして使える物もあります。

似合うベージュを見つけて、上品で落ち着きあるファッションを楽しんでくださいね。

 

<関連記事>

茶色が似合うのはイエベだけ?ブルベが似合う茶色を解説

-パーソナルカラー診断, ブログ

© 2022 カラー戦略アドバイザー 青柳彩子