コンサルティングなどのお問い合わせは随時受け付けております

カラー戦略 パーソナルカラー診断 ブログ

数あるスーツから最高の1着を見つける!パーソナルカラー別ネイビースーツの選び方

2022年8月2日

流行や季節に左右されず、ビジネスシーンにぴったりな色、ネイビー。

ネイビーのスーツやジャケットが1着あると便利ですよね。

しかし、ネイビーのスーツを着るとすごくかしこまって見えたり、事務員のように見えてしまう人はいないでしょうか。

ネイビーを着てなんだか冴えないと思う場合は、パーソナルカラーが合っていないのかもしれません。

生地見本の画像を参考にしながら、パーソナルカラー別似合うネイビーの選び方をご紹介していきましょう。

※メンズでもレディースでも色の選び方は同じです

誠実さと信頼感を高めるネイビーはビジネス向き

ネイビーがなぜビジネスシーンにぴったりなのかというと、色のイメージにあります。

ネイビーは青と黒を混ぜた色。青と黒、両方のイメージを兼ね備えています。

誠実で冷静、客観的な分析力がある青。

完璧にやり遂げる強い意志、落ち着き、頼れる存在の黒。

物事に動じず、大人な対応をしてくれそうなイメージで、人としての信頼感を高めてくれるのがネイビーの特徴です。

 

似合うネイビーを見極めるコツ

パーソナルカラー別のネイビーをご紹介する前に、大前提となるイエローベース・ブルーベースの「青」についてご説明しますね。

(イエローベース・ブルーベースについての説明はこちらの記事をご参照ください)

イエローベースの青とは、やや緑みがかった青を指します。

色をグラデーションで並べて輪っかにした色相環でみてみると、黄色に近い方の青がイエローベースの青になります。

ブルーベースの青は、誰もが想像する青や紫みがかった青もブルーベースの青の領域になります。

ブルーベース・イエローベースそれぞれの青に黒を混ぜると、パーソナルカラーシーズン別のネイビーになります。

ここで理解しにくければ、あまり難しく考えず読み飛ばしていただいてOKです。

後述するそれぞれのシーズンの色をご覧ください。

 

パーソナルカラースプリング(春)のネイビー

イエローベースのグループであるスプリングタィプ。

スプリングのネイビーは、人によっては明るい青と思うかもしれませんね。

濁った感じやネイビー特有の重さや硬さをあまり感じないライトなネイビーが似合いやすいです。

実際のスーツ生地も、ネイビーというより青を強く感じます。

スプリングの人がこの色を着ると、爽やかで若々しく、溌剌とした印象になり、青が悪目立ちしません。

「明るめのネイビー」と店員さんに伝えると、似合う色が探しやすくなりますよ。

もしも、もっと暗い色がお好みでしたら、ハリ感や艶感のある生地を試してみてください。

 

パーソナルカラーオータム(秋)のネイビー

イエローベースのグループであるオータムタィプ。

オータムのネイビーは、青緑のようだと感じる人もいるでしょう。

スプリングのようなクリア感とは反対に、重厚で深みのある色です。

日本の伝統色名の納戸色(なんどいろ)をより濃くしたような色がオータムのネイビーです。

スーツ生地では、オータムに合うネイビーを見つけ出すのはプロの目が必要かもしれません。

生地は格子柄やストライプなど模様が入っているものもあります。

模様の色によって遠目から見ると生地が青緑ぽく見えることがありますので、そういった生地を選ぶのも一つの手です。

オータムの人はウィンターのダークなネイビーやサマーのソフトな色みが似合う場合がありますので、もし緑みがかった青が見つからなければ、ウィンター・サマーのネイビーも探してみるとよいでしょう。

オータムのネイビーは個性があり誰でも着こなせる色ではありません。

ぴったり似合う色に出会えれば、非常にシックで洗練された印象になりますよ。

 

パーソナルカラーサマー(夏)のネイビー

ブルーベースのグループであるサマータィプ。

サマーのネイビーは一般的にイメージしやすい紺色です。

厳密なことをいうと、やや濁りがあり見た目には少しソフトな印象がある色です。実際のスーツでは、数あるネイビーから選びたい放題ではないでしょうか。

ネイビー地に模様が入ることでサマーらしいソフトな色みに見える生地もあります。

ウィンターの色も多少似合う方であれば、ダークネイビーもお試しになるといいでしょう。

似合う色を着こなせると、誠実で爽やかな印象を醸し出してくれます。

 

パーソナルカラーウィンター(冬)のネイビー

ブルーベースのグループであるウィンタータィプ。

ウィンターのネイビーは、黒のようなダークなネイビーです。

色名では、濃紺やミッドナイトブルーと呼ばれることがあります。

サマータイプと同じく、選べるスーツの数が豊富なウィンター。

オーソドックスな濃紺にするもよし、青紫がかったネイビーもよし、黒がお好きな方は黒に近いネイビーでも。

艶やかな光沢感がある生地もウィンタータイプはよく映えます。

非常にシャープでモードな印象を与えてくれるでしょう。

 

似合うネイビーを見つけて洗練されたビジネススタイルを

最後に4シーズンのネイビーを並べて比較してみましょう。

パーソナルカラーが分かっていたとしても、ピンポイントで似合うネイビーを見つけるのは難しいかもしれません。

スプリングだから絶対にスプリングのネイビーしかダメということはなく、他のシーズンでも似合う可能性はあります。明るい色が得意ならサマーの色でも似合うかもしれませんし、鮮やかな色が得意ならウィンターの色でも似合うかもしれません。

シーズンにこだわりすぎず、ご自身の似合う基準に合わせて色選びをしてみてください。

最高のネイビースーツを着用すれば、周囲から一目置かれる存在になること間違いなしです。

 

スーツ生地画像提供:オーダースーツ専門店aiiro様

 

弊社ではパーソナルカラー診断を受けられたお客様に、オーダースーツの同行ショッピングも承っております。

ビジネスファッションカラーブランディング

-カラー戦略, パーソナルカラー診断, ブログ

© 2022 カラー戦略アドバイザー 青柳彩子